Cand-B WEB SITE


マーケティングバリューレポート“Social-Networkマーケティング”(sample)


Social-Networkマーケティング

時代が変われば、マーケティングのスタイルも変わります。このことは、そもそもマーケティングという考え方や手法自体が、時代のリアルタイムの中で派生してきたものであるということを思い起こせば極めて当然の成り行きであると考えるべきかも知れません。
しかし、マーケティングという一つのカテゴリーを形成してきた人々にとっては、そのことすら気づいていないのかも知れません。


マーケティングスタイルはこのままでいいの?


いま、かつての先進国といわれる国々で、経済活動に様々な歪みが生じていることは周知の事実ですが、その原因の一つに消費の低迷が上げられています。
例えば、コンシューマーが望むと推測される製品・商品・サービスを試行錯誤して造り、市場に投入しても、なかなか買ってくれないという現象が続いています。似通った例として、日本における「若者層のクルマ離れ」や「家電製品の売れ行き不振」といった現象を思い浮かべていただくと判りやすいかも知れません。
よく、こうした現象が語られるとき、購買力の低下原因としてコンシューマーの所得状況が比較されます。それは間違いであるとは申しませんが、必ずしも絶対的な理由であるとは言えません。クルマや家電製品といった高額な商品を、一括購入することが難しい場合でも、購入するための手段は色々と存在していている現在、そのことが認知されていないとは到底考えられないからです。
では、いったい何が消費低迷(購買不振)の原因なのかと考えると、マーケティングのあり方、考え方とその手法はどうだったのか、という疑問に突き当たるのです。

※続きを読まれたい方はお申し込み下さい。こちらから。

※業種・業態別の事業活動や市場を絞り込んでのマーケティングバリューレポートの作成・ご提供は、お問い合わせ下さい。

※マーケティングバリューレポート2は、こちら。


お問合せ
戻る
Page Top