Cand-B WEB SITE


マーケティングバリューレポート“オムニチャネルという選択肢”(サンプル)


オムニチャネルという選択肢

「オムニチャネル」についての意味をご説明しなければならないのかも知れませんが、その前にマーケティングでは、「チャネル」そのものの捉え方として、単にモノ(商品やサービス)の流通経路についてのみを指しているのではない、ということを知る必要があります。
マーケット(市場)における需要者(消費者とか顧客とも言います)と、その対象に提供する商品やサービスとの接点の方法・プロセス・フローという捉え方のなかで、チャネル(接点・認知・理解・行動など)について考えることは、とても重要なことです。

通常、というか最もシンプルで古典的なチャネルというのは、供給者(メーカー・販売元会社)→仲介者(販売会社・卸店・小売店)→需要者というチャネルで、需要者と商品・サービスが直接向き合う場は、末端の販売小売店ということになり、これを「シングルチャネル」と言っています。

※続きを読まれたい方はお申し込み下さい。こちらから。

※業種・業態別の事業活動や市場を絞り込んでのマーケティングバリューレポートの作成・ご提供は、お問い合わせ下さい。

※マーケティングバリューレポート1は、こちら。


お問合せ
戻る
Page Top