Cand-B WEB SITE


マーケティング戦略とは


マーケティングは、商品・サービスを生産者(販売者)から消費者へ円滑に移転するために行う一連の活動の総称です。(マーケティング・エレメント
販売を促進する活動の「セリング」は、広告・宣伝・販売促進活動など、対象(顧客や潜在顧客)とのコミュニケーションを通して購買意思を決定づけるためのクロージング展開を行うことですが、これはマーケティング活動の中の一端に過ぎません。

マーケティング戦略



「売る=買わせる」のではなく、「買いたい気持ち」を創る


何が何でも商品やサービスを売って収益を上げたい。そのために競争するという概念は、ともすると対象の購買行動を促すために過剰なセリング手段を講じ、結果として事業活動での消耗は免れません。これではマーケティング戦略としての目的から大きく逸脱しています。
マーケティング戦略は、顕在、潜在を含めた市場において、ピックアップ対象(層)の興味、関心などのパーソナライズされた情報の収集分析をもとに、対象のニーズにマッチし、「買いたい気持ち」に高揚させること、つまり購買意欲をそそる商品やサービスを市場投入して顧客化を図る総合的戦略を行うことです。

マーケティング・ベストミックス


マーケティング戦略では、目的市場を調査・分析し、対象や対象行動について把握します。そして、投入商品やサービスの企画・開発・設計を行うと同時に、マーチャンダイジング・仕入れ、価格設定をします。展開時期と範囲、流通チャネル・販売方法も計画します。
実行、つまり市場投入は、広告・宣伝・広報、販売促進の計画を立てて市場投入と営業活動を展開します。投入後は、顧客の情報管理等もマーケティング戦略の一環として継続して取り組みます。
一連のプロセスにあって、事業としての計画・収益目標・投資計画・採算といった経営判断はリアルタイムで進行します。
マーケティング戦略は、順位が意味をなさないこともあります。ときに展開は相前後し、また同時並行も必要となる場合があります。個々の市場展開に効果的で効率的なプログラムが望まれます。
効果の適正をチェックし、必要なら補正や軌道修正を行います。それが「マーケティング・ベストミックス」の展開です。

DMP データ・マネジメント・プラットフォーム マーケティング戦略

DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)


マーケティング戦略のなかでも、近年特に取り組みが顕著なのは、ITの普及とともにデジタルマーケティング分野でのDMP(Data Management Platform: データ・マネジメント・プラットフォーム)という仕組み(考え方)です。
DMPとは、主にクライアント(広告主)を中心とする事業組織が市場や顧客(顧客管理システム=CRM,)などの様々なデータを(データバンク化して)一元管理するプラットホームシステムです。
DMPは、デジタルマーケティングに限らず、従来からのマーケティング戦略においても活動を最適化するために極めて重要なプラットフォームとなります。

鍵を握るマーケティング・コミュニケーション


マーケティング戦略の立上げにおいては、未知・既知の商品またはサービスを求めるであろうポテンシャルのある顕在・潜在対象を探り、その対象に向けて、ジャストミートの情報収集と提供を行なう「マーケティング・コミュニケーション」施策が重要です。
マーケティング・コミュニケーションでは、情報の送り手と受け手の区別はなく、相互に情報収集とリテラシーを繰り返し、相互のメリット感を実感することがポイントです。そのために多様なデバイスの利用も検討します。

求められるビジネスに相応しいマーケティング戦略のための計画(マーケティング企画)を作成、もしくはそのためのサポートを行い、ブランド確立や収益化に必要な最適のマーケティング戦略をご提案します。また、それら一連のプロセスと活動は、常にお客さまの意思によってコントロールされるものであり、お客様の取組みの自主性を妨げるものではありません。

マーケティング戦略(SNSマーケティング、DMP、CRMなどを含み)を取り組みたい、施策展開したいなど、お気軽にご相談下さい。


お問合せ
戻る
Page Top